不動産売却時に必要な書類について

不動産売却にあっては、必要書類として仲介をしてくれる不動産会社に提出しなければならないものがいろいろとあります。不動産会社に相談をした際に、そのような書類についても説明があるはずですが、場合によってはあらかじめ役所などに行って交付を受けておかなければならないものもありますので、それだけでも多少の日数がかかることは覚えておいたほうがよいでしょう。
まずは印鑑登録証明書や住民票といった、不動産売却をする本人の身分を確認するための書類が挙げられます。もしも共有名義の不動産売却であれば、そうした共有者それぞれのものが必要となってきます。また、不動産の来歴や権利関係を証明するため、権利書または登記識別情報が必要となります。これらは不動産を新築したか、または中古物件として他人から購入した際にすでに引き渡されているはずですので、よく確認をしたほうがよいでしょう。逆に、こうした書類がなければ、不動産売却は円滑に進みません。場合によっては、地積測量図、境界確認同意書、建物平面図なども、これらとセットになって保管されていることがあるはずですので、そうした書類もあったほうがよいといえます。さらに、固定資産税納税通知書または固定資産税評価証明書は、納税額の確認のほかにも、土地や建物の公的な評価額を知り、売却価格の設定の際に参考としたり、登記の際の登録免許税の金額を計算するのに必要となります。あらためて役所で取得するか、手持ちのものを提出するのがよいでしょう。